読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと思ったんだけど、

正しい意見なんてない。けど、意見を言うことは大切なことでしょ?

短髪男子のすすめ

 

同じクラスを2つ取ってるクラスの男の子。

 

テスト前に久しぶりに見たら、髪の毛さっぱり短くなっている!似合ってるよ!!ボサボサのころよりも100倍自分を活かせてる!

 

 

暖かくなってきて、服も黒いコートから明るい色の半袖短パン!

 

白いスニーカー!

 

いけてるよ!!

もう会うことはないかもだけど、短髪さいこう!

将来を考えることが別れの始まり

 

前にも、何回か話したが、付き合う=結婚、に結びついて考える人はおおいのかもしれない。

 

まぁ結婚=幸せという世間体の風潮は苦手だけど、自分も両親みたいに家庭を作りたいという理由で結婚がしたい。

 

親も小さい子が好きだし、孫を見せてあげたい。

 

まぁ子供って絶対にできるものでもないし、健康に生まれることが当たり前に思うけど、少ない確率である事実。ただ自分の育った環境では、健康=当たり前、って潜在的に先入観をもたされてるわけだけど、実際は違う。

 

話がそれたけど、お相手の人は結婚とか、そういう未来のことをクソほど話す。クソって表現は宜しくないかもだけど、妄想がすごい。いい意味で。

 

ただ、結婚は制限でもあると思う。住む場所からやること、我慢というよりも制限。仕方ないってこと。

 

私は将来日本でずっと住みたい。仕事とかで海外に行ったり、期限が決まってて住むならいいけど、永住は考えたことがない。

 

自分は一人っ子だから、両親の介護とまでは考えてないけど、私が2人の支えになりたい。

 

でも、今の相手は、将来は海外に戻りたいとのこと。真剣に話した訳じゃないけど、その「妄想」にもちょくちょく入ってくる。

 

 

正直、笑えない。笑ってるけど。

 

 

別に結婚するために付き合ってはないけど、付き合ってるからには結婚も考えないと。真剣にお付き合いしているんだから。

 

 

でも、そういう将来を考えるたびに、話が出てくるたびに、まず私は相手が好きなのか考え始める。

 

好きだったら応援するし、制限も気にならないだろう。一緒にいたいんだから。それに人生のやりたい優先順位の中で、「住む場所」の順位をかえれば可能なこと。

 

 

でも、正直好きなのか…?多分好き。でも、きっと本当に好きなら、将来の話に素直に笑って、楽しみを感じると思うの。

 

 

多分、今のところは、好きじゃない。

 

まぁ自分が今いろいろ追い込まれてて大変だから、ちゃんと考えられてないんだろうな。

 

 

前回の恋した時は、大好きだった。それと比べると全然なの…

 

比べちゃダメ。でも前好きだった人も海外に住むっていう大きな夢があって。私は相変わらず日本永住だけど、「彼がそういうなら、わたしも海外に住んでもいいかも」って思ってた。

 

そう、わたしだって優先順位を変えれた。でも、今回は変えれない。変えたいと思わない、の方が適切かも。

 

 

こんな考え中会うの相手に失礼だから、テスト終わるまで連絡しねぇ(何回目だよ笑)。

 

 

だってね、

相手にも将来のことを楽しく、「2人の将来」を考えれないんだもん。失礼だって思う。

 

そうすると、私は「別れたい」というワードが出てくる。

 

 

はぁ、わかんないわ。疲れた。

自分が忙しいと会いたくね〜病

 

彼氏はテストがおわりました。お疲れさまです。

わたしはまだ1つも終わってません。これから2週間が地獄です。

 

要約:会いたくない(笑)

 

会いたいけどさ、こちとら勉強しないといけなくて。

普通のときでさえ、何時間だろう。最低6時間は勉強してるし、この時期なんて「睡眠」「食事」「トイレ」「風呂」以外は勉強だし(ブログは息抜き❤️)

 

勉強は勝手に一人でできるし、

「隣で静かに何かしとくよ!」って言われても、10000000%無視しながら勉強するのもなんか申し訳ないからきっとお話しちゃう(私から)だろうし。

 

連絡取るのもめんどくさ〜〜〜いPMS!PMS!全てはPMSのせいでだるい!

なので、基本夜、寝る前に連絡取ることにしよう。別に「返信きたかな??」とか全く気にしないタイプだから日中でもいいけど、向こうの時間に合わせたら私はオワル!

 

お腹すいた〜!夜はサラダたべてるよ!続けるよ!サラダ美味しいもん!

 

ジム行く時間は、来週末からだな〜。

 

あ〜〜会いたくね〜〜〜勉強がんばろう〜〜

 

こどものときの、たまごっちを買ってもらったわくわくはもう戻らない?

What was your favorite toy when you were a kid? Do you still have it? Who gave it to you? One of my favorite toys is tamagotti, which you can grow a moster (but very cute one). It was popular when I was three or too young to remember it. And it became a big trend when I was grade 2. I just found a website talking about my first tamagotti, which was written in 2004.

 

気になるe-Toy遊んでレポート

 

As you might notice, this site has diffent style, which we rarely see these day. There was no smartphone at all. 

 

I was wondering how much it was because I can earn money and spend it for what I want. I do not have to wait for my birthday to get it. It said that my first Tamagotti was ¥2,625. For me, I feel that the cost is same price as one of all you can eat. However, the tamagotti was worth more than the price. I thought only my parents could buy it for me because they were super! 

 

I have admired my parents and the feeling is getting stronger as I grow up. When I know how much the tamagotti was todday, I was disappointed that I would never feel the happiness I had when I got the tamagotti from my father on my birthday at grade 2. I know the market price and can choose which is expensive or cheep. I can buy whatever I want if I work and save money for it. This might give me the other feeling of happiness since I would achieve my goal to get something by striving hard. 

 

But the moment how I was excited to get an tamagotti and grow it up would never been back again.

 

As another thought of mine, I want to enjoy Christmas by not waiting for my present but for giving someone special a gift. This might be one of the translations from a child to an adult. It will be my turn to let people have fun. 

くっそおおおおおやせろおおおおきわめろおお

 

タイトルの通り。

悔しいことがあった。というか、普通に太った食べ過ぎた。

 

就活もうまくいかねえ!まだ始めてないけど!いろいろ不安!きっとこいつには無理だと思われてそう!

 

今日から野菜を中心に食べます。運動もします。勉強をメインに。

 

やること

・食事の記録をとる

・朝1日の食事メニューを決める

・夜お風呂前に体重を測る

・ジムは週3

・髪の毛乾かすときはスクワットと腰回しをする

・白米は朝のみ。

・夜は基本5時まで。ただ遊びのときは除く。

 

 

今の体重もわからないけどまぁやばそうだな。来週から生理だろうし、痩せづらいけど、とくに無理なダイエットではないから気長に。

 

ちなみに勉強はカフェじゃないとできないから、1杯だけのみます。デブ。暖かくなってきたから、カロリー低いティー頼もう。フラペチーノだけは頼まねえ。

 

 

痩せてるというか、スタイルのいい友達がめっちゃカロリー調べてつけてて、刺激になった。夏もそこまできてますし。顔採用なんてないと信じたいけど、顔周りとかスッキリして損はないもんね。

 

ここにお腹すいたらお腹すいた〜〜〜とかも書こう。

【この季節あるある】桜と梅のちがいって?

春うららな天気になってきたり!

 

花粉で鼻水がつららになってきたり!

 

大学にある(無駄に)たくさんあるお花たちも咲き始めてきたり!

 

だけど、これ「桜」なの?っていつも思ってた。社会人になる前に、そして気になったことは調べたがりだから、ここでまとめとく。

 

ぶっちゃけまとめサイトあったんだけどね。ここをさらに、自分らしくまとめるぜ。

(だいすきnaverまとめはーと)

matome.naver.jp

 

 

・Cherry blossome (sakura)

→ The edge of a petal is divided into more than two. 

・Japanese plum (ume)

→ The shape is rounded and no frill on the edge.

 

・・・あれ、意外に簡単だった(笑)

 

まぁ、もやもや解消だ!

見方を変えて問題に取り組むこと〜リベラルアーツの大切さ~

たくさん尊敬する先輩がいるけど、その中でも同じような分野を違う学問の観点から勉強している先輩とお話する機会があった。

 

リベラルアーツという言葉は、まだ日本では普及してるようには思えない。日本の大学を卒業したら、学部学科にほとんど関係なく様々な業界の職種に応募できるのに、リベラルアーツという考え方はまだ馴染みがないように感じる。

 

簡単に言えば、リベラルアーツ=教養、ですね。東大の教養学部とかが一番聞くのかな?

 

リベラルアーツの考え方=広く浅く、かもしれないけど、私は「いろんな観点から問題に取り組む」という意味で捉えるし、そういうリベラルな人になりたいなって思う。昨日は先輩のおかげで、その重要性と社会でのリベラルの必要性を再確認できた。

 

先輩が使った例で説明してみますね。

 

2011年東日本大震災にて、ある地域が津波による被害を大きく受けました。ここではA村と呼びます。A村は、海沿い広がる地域で、海には幅25Mほどの防潮堤が慶長時代など昔の災害から人々が学び、設置されていました。

 

ですが、残念ながら2011年の地震による津波は、この巨大な防潮堤をも優に超えるものであったため、防潮堤は全くといって役割を果たすことなく、一部が壊れるなどのダメージを受けました。

 

さぁ、これからの災害に備え、国・地方自治体は次の災害対策を考えています。ここには、経済担当・エンジニア・人類学者がいます。それぞれの災害対策へのプランを聴いてみると・・・

 

経済「防潮堤を修復するには莫大なお金がかかる。被害による経済的損害と、修復にかかるコストを考えると、お金をかけてでも修復するべきだ。」

→防潮堤を補正するプラン。

 

エンジニア「この防潮堤は一部が崩壊したけれど、今の技術、さらに開発をすすめていけばより頑丈なものが作れる。それに、この防潮堤が少しは津波の力を弱めたに違いなから、新しい防潮堤が必要だ。」

→防潮堤を新しく作るプラン。

 

人類学「防潮堤を修復、新規に作ることどちらも必要ない。そもそもA村は海と昔からゆかりのある地であり、人々は海と共に生活をしていたため、海の状況を確認することが日常の一部である。だが、それが防潮堤により壁ができてしまったために、海の状況を確認することができなかったため被害が拡大したのだ。そもそも防潮堤は必要なかった。」

→防潮堤自体が不必要プラン。

 

みなそれぞれの分野においてスペシャリストであるため、自分の意見が正しい、ベストであると考える。ここでリベラルの考え方、リベラルに考える人が必要になると先輩は教えてくれた。

 

どのプランも正しい。理論がある(今回は詳しい説明や補足を例だから省略してるけど)。どの意見にも平等に、「私たち」ではなく、「A村」にとって今後最適なプランはなにかを考える。それにはリベラルという、様々な知識を身につけておく必要があるということ。

 

お金がかかるのは多くの人が知ってるから、私もお金のことは考えた。また私は、理系として技術や構造系に専門をおいているため、防潮堤が少しでも被害を抑えたと思い、新しいものを築いた方がよいとまでは思いついた。

 

だが、最後の人類学者の「なにもしない」というプランと、それを補足する人類学ルーツの根拠は思いつかなかったし、聞いたときになるほど・・・と思った。

 

人生は勉強ですね〜〜〜!(まとめが雑)