ちょっと思ったんだけど、

正しい意見なんてない。けど、意見を言うことは大切なことでしょ?

プログラミンググググ

理系にもかかわらず、プログラミング超初心者。

MATLABは今回授業で取ったけど、logical thinkingとかいうのは訓練がいるね。才能もあると思うけど。

 

冬休みの今、Swift始めた。いいサイトがあったからそれに従ってるだけなんだけどね。

なんかアプリ作りとかに使えるから、やってて楽しいね。MATLABは、彗星のスピードと距離とかで現実に使える感がなかったからな〜。

 

なぜ言語なんでもいんだけど、プログラミングを今更きちんとやろうと思ったか。

1. 就活にプログラミングは強みだと思ったし

エンジニアの仕事って結構多いんだなって感じた。理系だと営業も技術も選べるわけで。技術っていわれたら、プログラミングが中心なんだなって感じたから。

 

2. 新しいことに挑戦するために必要だと感じた

スマホって本当にみんな持ってる。母はまだガラケーだけど、祖父母もスマホに変えようとしてた。使う人によっては最高の機械だし、必要最低限の機能だけを使うこともできるよね。

自然災害を勉強している学生として、この「幅広い年層」に普及しているスマホが、防災・減災の役割に貢献できると考えている。例えば、地震速報だってケータイで通知が来る時代だったり、Twitterで情報を瞬時に知ることができる。

でもでもでも。スマホなどの機械に頼りすぎるのはよくないと思う。「幅広い年層」ではあるけど、それは「すべて」ではない。スマホだけに地震速報やらの良い機能がついたら、ガラケーの母の命が助かるリスクは減るの?

それはあってはならないと思うの。機械は便利。でも、なくても良いもの。生活を便利にするものではある。でもアナログ思考だと、アイデアも生まれにくいのかなって思う。

新しいことにも挑戦して、昔からあるものと比べて、違う新しいものを作る。これが理想!!!!!!!!!!!!だから、プログラミングがんばるう。

 

そいえば、逃げ恥の真野恵里奈ちゃんが体型キープの方法で、「辛くなるまで家で筋トレ」っていう素晴らしくかっこいいことをおっしゃってて、私も明日からやる。みんな努力しているんですな。

 

得意の話が超アウトトピックになって、終わるパターン!!!