読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと思ったんだけど、

正しい意見なんてない。けど、意見を言うことは大切なことでしょ?

きゃあ放置してた!きゃあ倦怠期!きゃあ両親に彼氏を紹介!?

ブログ久しぶりです。ブログ見る暇もないのに、書く暇なんぞなかったです。

 

大学が忙しいのは今まで通りだけど、特にニュースとか議論されてること、ネットで話題なことに対して「考える」ということをサボってたからなだけかもしれない。はんせい!

 

意外にもアクセスをもらっていてびっくりでした。普通に嬉しかったです!それと、やっぱり自分の意見を言おうと改めて思った。それができる時代だしね(適当)。

 

そんなこんなで、テストもひと段落したからさっそく!

 

前回(確か前回)も、「結婚」という意識に対して思ったことがあったけど、今週特に考えている。まぁ、そういう話題を彼氏が特に話すからなんだけども。もやもやっとするのです。

 

今回も、論点→疑問→関連→考え。という流れで書いていきます。

この記事のときの書き方が、文を書くのが苦手な私には一番やりやすかったから。

justwhatiamthinking.hatenablog.com

 

論点:

家族にお付き合いしている相手を紹介するのはいつだろうか。

 

疑問:

み〜〜〜んな、彼氏(彼女)=将来の夫(妻)という意識のもと付き合ってるの?

 

関連:

 

自分は今まで付き合ったことはあるが、親に紹介どころか彼氏という存在さえも臭わせたことがない。理由はいくつかあります。

 

1. 小学生の頃から、両親とコイバナをしてこなかったから、家族のトピックとしてあがってこないから。

→つまり、隠してはないよ。ただ、気になってるようにも思えないし。そりゃ20代にもなって1つも男友達以外の話がでないのは不思議かとは思ってるかもしれないけど。

 

2. え、彼氏を家族に紹介するのって、彼氏が家族の一員になる=結婚するときじゃないの?という、固定観念。

→だって結婚しましょうってなって、法の下で結ばれて、親と彼氏も「他人」なんていえなくなって、「家族」となるんだから紹介はするけど、「彼氏」は別れてしまう確率だって無限大にあるのにって考え。

→付き合って最低3年経ったら言ってもいいのかなとか思っている。まぁ3年付き合って結婚しないカップルもいれば、1年未満に結婚するカップルもいるから、だから婚約の話が真面目にでてきたら紹介するタイミングだと思っている。これは、学生である限りないので、当然紹介する理由にならないのです。

 

3. 一人っ子だから、ただただ恥ずかしい!!!!!

→兄や姉がいる家族なら、まぁ年齢順だと彼らが先に彼氏・彼女を親に紹介しているだろうし、それを弟・妹は見て「あ、付き合ってる人を親に紹介するんだな〜」と思うと思う。でも、一人っ子はそれを知らない。私が最初で私が最後。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

彼氏(Aくん)は、私と付き合った日に親に話したそうだ。私についての基本的なこと、私の趣味などなど、垂れ流しのように話しているそうだ。

 

別に嫌ではないし、素直に嬉しいことだと思う。でも、それと同時に申し訳なさがでる。私は、自分の親に彼氏の存在さえも話していないから。まぁまだお付き合いして短いというのも理由ではあるんだけれども。

 

家族の話はたくさんするし、相手も私の家族がどんな人か、どんな雰囲気なのか知りたいらしくよく聞いてくる。別にこれも嫌じゃないからおっけーなんだけど・・・

 

 

「あ〜〜〜早く、(私)のご両親に会いたいな〜〜!!」

「まぁ、(私の実家のある都道府県)に行ったら、お邪魔させても〜らおっと!」

「(私の父)と仲良くなれるかな〜。スーツ着ていかないと!」

 

 

グサグサグサグサ――(゚Д゚; )→ グサッ!!

 

Aくんは将来の話をしすぎるっていう、妄想癖というか、自分でも将来を考えちゃうって言ってたんだけど、その彼にとって「すぐ」叶うだろう妄想が、実は私の中では「数年後」という差が生じるとき、心が痛い。

 

 

そして、近年のSNSの大ブーーーームにより、私の友達も含めみな「カレピ(はーと)」な写真をインスタ等に載せる。そして、別れたあとそれらの写真は何事もなかったかのように消される・・・。

 

なら、載せんなよ。てか、私は載せたくないって思ってるからかもだけど。

基本的に大学生というものは皆、「彼氏・彼女=ずっと一緒!!!」のモチベーションで常に付き合っているのだろうか。わからない。大学生のはずなのに、わからない。

 

考え:

人は人、自分は自分。でも、相手が関係していることだから、相手の要求や考えも聞いて、自分らの関係と周りの関係の輪を徐々に広げていこう。